私がめざすのは、
  日本を元気と生きがいのある社会にすること。
  そのためには、あらゆる世代の人々が自分に合った医療や治療法を
  気軽に安心して利用できることが必要です。 
  自立的な健康を手に入れ、生きがいのある仕事と充実した生活を共存させ、
  生き生きと人生を楽しんでいること。
  私はそんなネットワークを創りたい。

  それを実現するためには、『がんばらない、でも、あきらめない』ことが肝心。

  『がんばらない』とは、一生懸命にならないことではなく、
  自分の気持ちや身体からのメッセージを無視してまで
  「仕事」や「他人」を優先しすぎないこと。

  それさえ気をつけて夢をあきらめなければ、
  『本当にどんなにつらいことでも、
  それが正しい道を進む中での出来事なら、
  峠の上りも下りもみんな、
  本当の幸いに近づく一足ずつなのだ』

2006年10月29日

震える弱いアンテナ

もう10月も残りわずかでなんだか世の中もあわただしくなってきた気がします。
なんでもないのに何かに急かされている感じがしませんか?

そんなとき自分のペースを取り戻せる時間や空間を持っているといいですよね。
僕の場合、秋の空や夜の月、大好きな小説や詩です。
皆さんにはどんなものがありますか?

僕が心から尊敬する詩人、茨木のり子さんの『汲む』という詩。
手に暖かい息を吹きかけるような、ほっと肩の力が抜けるような、
そんな優しい言の葉です。

ありのままの自分でいい。
へこんでも、しょげても、傷ついてもいい。
だからこそ、より強く、優しくなれるんだ。

続きを読む
posted by どぅー at 00:05| Comment(12) | TrackBack(0) | 心に響く言の葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。