私がめざすのは、
  日本を元気と生きがいのある社会にすること。
  そのためには、あらゆる世代の人々が自分に合った医療や治療法を
  気軽に安心して利用できることが必要です。 
  自立的な健康を手に入れ、生きがいのある仕事と充実した生活を共存させ、
  生き生きと人生を楽しんでいること。
  私はそんなネットワークを創りたい。

  それを実現するためには、『がんばらない、でも、あきらめない』ことが肝心。

  『がんばらない』とは、一生懸命にならないことではなく、
  自分の気持ちや身体からのメッセージを無視してまで
  「仕事」や「他人」を優先しすぎないこと。

  それさえ気をつけて夢をあきらめなければ、
  『本当にどんなにつらいことでも、
  それが正しい道を進む中での出来事なら、
  峠の上りも下りもみんな、
  本当の幸いに近づく一足ずつなのだ』

2007年01月06日

I am the World

「GENERATION TIMES」というジャーナル・タブロイド誌を知っていますか?

ラフォーレ原宿やネットなどで入手できるもので、
偶然、目にしてとても気に入った新聞です。
日本文化のルーツを探る企画や国連と協力して行った貧困問題の取材など、
「次の世界を担う若き世代と一緒に新しい時代のカタチを考える」をコンセプトに、
未来に繋がる様々な企画を手がけています。

編集長である伊藤剛さんはある取材でこのように答えています。

「今一番社会で問題だと思っていることは、
 あまりに情報が多すぎて思考が停止してしまっていること。
 無関心から「無」を取る作業というのがきっとメディアの役割。
 あんまり説教くさいのは、僕自身も読みたくないですし(笑)。
 自分の中で、大好きな音楽もファッションも、政治のことも経済のことも
 同じように考えるということを日常的に携えたい。

 みんなが考え出してどうなるかまでは分からないですが、
 少なくとも考えはじめることは重要。
 とにかくジェネレーションタイムズでは、考える「きっかけ」、
 思考を始める「スイッチ」は置いておきますよっていうスタンスでやっています。」


いじめによる自殺
憲法改正
イラク問題
家族内の殺人 etc

社会には解決不能と見える問題が山積していて、
だけどそれどころではない、自分の問題が山積していて…

そんな中、社会に、そして自分自身にたやすく絶望しそうになるけど、
「世の中って自分と関係あるんだよ。自分が世界を作っていけるんだよ」
という彼のメッセージはとても胸に響きます。


続きを読む
posted by どぅー at 23:08| Comment(10) | TrackBack(0) | 心に響く言の葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。