私がめざすのは、
  日本を元気と生きがいのある社会にすること。
  そのためには、あらゆる世代の人々が自分に合った医療や治療法を
  気軽に安心して利用できることが必要です。 
  自立的な健康を手に入れ、生きがいのある仕事と充実した生活を共存させ、
  生き生きと人生を楽しんでいること。
  私はそんなネットワークを創りたい。

  それを実現するためには、『がんばらない、でも、あきらめない』ことが肝心。

  『がんばらない』とは、一生懸命にならないことではなく、
  自分の気持ちや身体からのメッセージを無視してまで
  「仕事」や「他人」を優先しすぎないこと。

  それさえ気をつけて夢をあきらめなければ、
  『本当にどんなにつらいことでも、
  それが正しい道を進む中での出来事なら、
  峠の上りも下りもみんな、
  本当の幸いに近づく一足ずつなのだ』

2007年05月15日

自転車を薦める三つの理由〜その3〜

最後に、3つめのおススメポイント。
 『人と地球に優しい暮らし』

自転車運動は、ハンドルを握る両手、サドルに乗るお尻、
ペダルをこぐ足の三ヶ所に体重が分散されるので、
ひざや腰など関節への負担が少なく体にも優しいんです。

筋力が衰えている人や骨が弱っている人、肥満の人の場合、
ジョギングなどをすると体重を支えきれず、
腰やひざを痛めてしまうケースが少なくないそうです。

また、完全に人力のため車のように廃棄ガスを出すことはなく、
地球にもとっても優しいんです。

続きを読む
posted by どぅー at 12:08| Comment(14) | TrackBack(0) | マウンテンバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自転車を薦める三つの理由〜その2〜

続いて、2つめのおススメポイント。
 『健康的で肩こり・腰痛も予防』

医療法人瑞穂会西部病院(群馬県高崎市)のスポーツドクターであり、
自身も病院と自宅の13キロを自転車で通勤する矢端信義さん(63)は
その健康効果を強調します。

自転車のハンドルを握る姿勢を保つことで、首から肩にかけての
筋肉が自然に強化され、肩こりになりにくくなるといいます。
ペダルを踏む動きは太ももの筋肉を鍛え、ひざの痛みを防ぎ、
脚を引き戻す筋肉の強化は、腰痛の予防にもなります。

続きを読む
posted by どぅー at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | マウンテンバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自転車を薦める三つの理由〜その1〜

今、自分の中でとっても楽しんでいる“自転車”

おススメする理由を大きくまとめると以下の三つです。

 1.手軽に自然を満喫
 2.健康的で肩こり・腰痛も予防
 3.人と地球に優しい暮らし


KONAマウンテンバイク.JPG

先週、読んだ日経新聞の朝刊を元にまとめました。

続きを読む
posted by どぅー at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | マウンテンバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。