私がめざすのは、
  日本を元気と生きがいのある社会にすること。
  そのためには、あらゆる世代の人々が自分に合った医療や治療法を
  気軽に安心して利用できることが必要です。 
  自立的な健康を手に入れ、生きがいのある仕事と充実した生活を共存させ、
  生き生きと人生を楽しんでいること。
  私はそんなネットワークを創りたい。

  それを実現するためには、『がんばらない、でも、あきらめない』ことが肝心。

  『がんばらない』とは、一生懸命にならないことではなく、
  自分の気持ちや身体からのメッセージを無視してまで
  「仕事」や「他人」を優先しすぎないこと。

  それさえ気をつけて夢をあきらめなければ、
  『本当にどんなにつらいことでも、
  それが正しい道を進む中での出来事なら、
  峠の上りも下りもみんな、
  本当の幸いに近づく一足ずつなのだ』

2008年10月25日

希望ではなく勇気

最近読んだアメリカの哲学者エリック・ホッファーの
自伝でとても心に響いた一節がある。




  自己欺瞞なくして希望はないが、
  勇気は理性的で、あるがままにものを見る。
  希望は損なわれやすいが、勇気の寿命は長い。
  希望に胸を膨らませて困難なことにとりかかるのはたやすいが、
  それをやり遂げるには勇気がいる。
  闘いに勝ち、大陸を耕し、
  国を建設するには、勇気が必要だ。
  絶望的な状況を勇気によって克服するとき、
  人間は最高の存在になるのである。

   エリック・ホッファー『エリックホッファー自伝・構想された真実』より抜粋 




彼は7歳のときに母と視力を一緒に失った。
その後、15歳で奇跡的に視力を回復したが、
生涯孤独を貫き、学校にも行かず、
渡りの日雇い労働者として働いた数奇な運命の持ち主だ。


続きを読む
posted by どぅー at 22:02| Comment(12) | TrackBack(1) | 心に響く言の葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

子どもの成長加速度に負けてたまるか

今日は毎年恒例のあびこ子どもまつりの日でした。

何がいいってやっぱり子どもたちは、
感情を素直にがっつり出してくるのがいいですよね。

僕もそれにつられて思いっきり楽しむことができました。


ふだん仕事をしているとやっぱり感情を
押しこめないといけない場面も多いので、
こういう機会はほんとに救われます。

ふさぴえろ.JPG


続きを読む
posted by どぅー at 23:11| Comment(6) | TrackBack(0) | あれこれ日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

雲の純白、空の紺碧

今日は自転車で霞ヶ浦まで行ってきました!

空も雲も突き抜けるような色で、
風がほんとうに気持ちの良い一日でした。



雲の純白、空の紺碧.JPG

続きを読む
posted by どぅー at 20:44| Comment(6) | TrackBack(0) | マウンテンバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。