私がめざすのは、
  日本を元気と生きがいのある社会にすること。
  そのためには、あらゆる世代の人々が自分に合った医療や治療法を
  気軽に安心して利用できることが必要です。 
  自立的な健康を手に入れ、生きがいのある仕事と充実した生活を共存させ、
  生き生きと人生を楽しんでいること。
  私はそんなネットワークを創りたい。

  それを実現するためには、『がんばらない、でも、あきらめない』ことが肝心。

  『がんばらない』とは、一生懸命にならないことではなく、
  自分の気持ちや身体からのメッセージを無視してまで
  「仕事」や「他人」を優先しすぎないこと。

  それさえ気をつけて夢をあきらめなければ、
  『本当にどんなにつらいことでも、
  それが正しい道を進む中での出来事なら、
  峠の上りも下りもみんな、
  本当の幸いに近づく一足ずつなのだ』

2008年10月25日

希望ではなく勇気

最近読んだアメリカの哲学者エリック・ホッファーの
自伝でとても心に響いた一節がある。




  自己欺瞞なくして希望はないが、
  勇気は理性的で、あるがままにものを見る。
  希望は損なわれやすいが、勇気の寿命は長い。
  希望に胸を膨らませて困難なことにとりかかるのはたやすいが、
  それをやり遂げるには勇気がいる。
  闘いに勝ち、大陸を耕し、
  国を建設するには、勇気が必要だ。
  絶望的な状況を勇気によって克服するとき、
  人間は最高の存在になるのである。

   エリック・ホッファー『エリックホッファー自伝・構想された真実』より抜粋 




彼は7歳のときに母と視力を一緒に失った。
その後、15歳で奇跡的に視力を回復したが、
生涯孤独を貫き、学校にも行かず、
渡りの日雇い労働者として働いた数奇な運命の持ち主だ。


『希望』と『勇気』。

どちらも自分の『可能性』に対する心の動きだが、
何かが決定的に違う。

『希望』が思考に留まるものなのに対し、
『勇気』は行動を伴うものなのではないだろうか。


RADWIMPSの『夢番地』という曲の中に、
 
  昨日に夢を託せば後悔で 明日に夢を託せば希望で
  でも今日の僕に夢を託して何になるの?

という歌詞がある。

過去でもなく、未来でもなく、
現在の自分に夢を託すことが『勇気』なのかもしれない。


僕自身は、とても臆病者だ。
自分に確固とした自信がないのかもしれない。
けれど、前に進んでいくには、
『勇気』が必要だ。

『勇気』を手に入れるためには、自分の領域を決め、
小さな成功体験を積んでいけばいい。

僕の領域は、WEBとシステム、サービスを
有機的に組み上げ、仕組みを作り上げることだ。

自分が価値を感じるテーマで、
信頼できる人とそうしたことができればいい。

そうすれば、必ず臆病さは勇気に変わり、
自ずと結果はついてくる。


これからの目標としては、
より深く『サービス』を理解していきたい。

人が価値を感じるということはどういうことなのか。
価格なのか、質なのか。

関係性を築いていくために必要なコミュニケーションとは。
すべての接点でどんなメッセージを伝えていくのか。


大丈夫。
悠々と急げばいい。
posted by どぅー at 22:02| Comment(12) | TrackBack(1) | 心に響く言の葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その通りですね。
希望に胸を膨らませるだけでは何も進まないですよね。勇気を持たなければ。
夢見ることは誰にだってできることで、それを実現していけるかどうかは自分次第で…

私もこれから自分が取り組んでいくことに、希望はもちろん持っているので行動を、勇気をともにしていきたいと思います。
Posted by リナ at 2008年10月26日 01:08
すごい心に響いたわ。
そして、どぅーさんがラッドの歌に対して出した答えにも感動した。

うちは自分では勇気ある人間だと思っていたし、根拠のない自信を掲げていたのだけれど、最近は色々と不調で、本来の自分がいつの間にか夢の自分になってたんだ。
だけど、周りの人に助けられて徐々に復活してきた。
それって、みんなから勇気をもらったってことなのかもしれないよね。
Posted by めぞん at 2008年10月26日 12:27
なるほど、それが今のどぅーの勇気と行動なのだね。
俺も自分の勇気を自問しながら西へ旅立つよ☆
Posted by かわしー at 2008年10月27日 22:32
こんばんわ。

先日立川駅の新しく出来たケーキ屋さんで、バームクーヘンを試食させてもらったんですが、そのケーキを配っていた女の子とお話していたら、とても楽しくなってしまって、おもわずバームクーヘンを買ってしまいました。

もちろんケーキがとても美味しかったのもあるんだけれど、その店員さんが好感の持てる素敵な方だったから。

ケーキへの想いや、お店への想い、お客さんに対しいての想いが溢れてて、ケーキがすごく好きで誇りをもってがんばっているんだなぁって感じました。

そういうのってこちらも元気をもらうし、そのお店をまた利用したいなって思います。商品プラス人の心が伝わるサービスに、こころ動くなぁ。私はね。

とにかく、素敵な方でした。

どぅーさんの言うサービスとは少し違うかもしれませんが・・・。
Posted by payan at 2008年10月27日 23:52
リナちゃんへ

希望はもちろん行動を勇気をともに。

それはたしかに自分次第だよね。

リナちゃんのその勇気、今後取り組んでいきたいこと、応援しています(*^_^*)
Posted by どぅー at 2008年10月28日 07:37
めぞんさんへ

人の影響で勇気を出して行動するきっかけになることはたしかにあるよね。

人の行動を司る神経細胞にはミラーニューロンというものがあって
他人の行動を取り入れようとする習性が人間には自然と備わってるらしい。

どうせなら自分が尊敬する友人やロールモデルの人の行動を取り入れたいよね。

Posted by どぅー at 2008年10月28日 07:47
かわしーへ

かわしーもいよいよインプットのステージから、アウトプット・行動のステージだよね。

もうしばらく知識を取り入れる時期が続くかもしれないけど、
かわしーに関しては個人的にその勇気の使い道が楽しみでたまらないよ(^_^)v
Posted by どぅー at 2008年10月28日 07:51
ぱあやんさんへ

ぱあやんさん、すごく素敵なコメントどうもありがとう。

サービスといったら少し冷たく聞こえるかもしれないけど、究極的には人と人とのやりとりなんだから、
ぱあやんさんが立川駅のケーキ屋さんで感じたことはすごく大事なことだと僕は思います。

ぱあやんさんが感じたように商品の魅力はたしかにあるけど、
それを伝えてお客さんがまた来たいなって思ってもらうのは
お店の人のちょっとした気配りだったり、気持ちだったりしますもんね。

それはとても大事にしたい視点です(*^_^*)
Posted by どぅー at 2008年10月28日 08:00
こちらでは、はじめまして。
ラブマツからきました。
一杯読みふけっちゃった。
これからどうぞよろしく。
Posted by ナライヤン at 2008年10月28日 22:57
ナライヤンさんへ

拙い文を読んでいただきとっても光栄です。

僕も産業カウンセラー講座で出来た松戸やそこに住む人たちとの縁を大事にできたらなと思っています。

今後ともよろしくお願いしますね。

Posted by どぅー at 2008年10月28日 23:41
大丈夫。
悠々と急げばいい。


いいねぇ
最後がすごくいい
あとRADWIMPSが文中にあるのも実にいい。

う〜〜む
元気もらいました
Posted by みゅう☆ at 2008年10月30日 12:33
みゅう☆さんへ

コメントありがとうございます(*^_^*)

共感してもらえてとっても嬉しいです♪

しかも、ラッドを知っていらっしゃるなんて流石です!!

Posted by どぅー at 2008年10月31日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108604829

この記事へのトラックバック

RADWIMPS
Excerpt: by a4q2u9a | 2008-10-25 20:23 | ●RADWIMP...
Weblog: RADWIMPSの秘密
Tracked: 2008-10-26 13:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。