私がめざすのは、
  日本を元気と生きがいのある社会にすること。
  そのためには、あらゆる世代の人々が自分に合った医療や治療法を
  気軽に安心して利用できることが必要です。 
  自立的な健康を手に入れ、生きがいのある仕事と充実した生活を共存させ、
  生き生きと人生を楽しんでいること。
  私はそんなネットワークを創りたい。

  それを実現するためには、『がんばらない、でも、あきらめない』ことが肝心。

  『がんばらない』とは、一生懸命にならないことではなく、
  自分の気持ちや身体からのメッセージを無視してまで
  「仕事」や「他人」を優先しすぎないこと。

  それさえ気をつけて夢をあきらめなければ、
  『本当にどんなにつらいことでも、
  それが正しい道を進む中での出来事なら、
  峠の上りも下りもみんな、
  本当の幸いに近づく一足ずつなのだ』

2006年02月12日

心揺さぶられるモノ〜YUI〜

最近、すごく好きになった歌手がいます。
YUIっていうのですが、皆さん知ってますか?

先月にそのYUIって子の『TOKYO』という曲を
コンビニで偶然聞いてネットで調べ、
約三年振りぐらい(笑)にCDを買いました。

好きになる理由は人それぞれだけど、
とくに唄声と詞に心揺さぶられました。


〜中略〜

 答えを探すのはもうやめた
 間違いだらけでいい

 赤い夕焼けがビルに途切れた
 涙こらえても

 次の朝がやってくるたびごとに
 迷うことだってあるよね?

 正しいことばかり選べない
 それくらいわかってる


  YUI『TOKYO』より抜粋


 arakieki0210.JPG
  (2006/02/12/17:00 新木駅出口にて)



最初コンビニで聞いたとき感動で
立ちすくんでしまいました。


村上春樹、松本大洋、ボサノバ…

僕は、失われて二度と戻らない何かに
心を強く揺さぶられるのかもしれない。



そして、おそらく



 誰かを想う
 せつない痛みが
 たまらなく好きなんだ





      公式サイト(音出るので注意)

      『TOKYO』の視聴はこちら


posted by どぅー at 23:54| Comment(13) | TrackBack(2) | あれこれ日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもマジメだね、真剣な話題で感心です。

変に斜に構えずに、真っ正面からマジメかつ本気でやってるのはカッコよく見える。

私はというと、コンビニで曲は聴かないけど、立ち読みで『ぴゅ〜と吹くジャガー』を読んで吹き出してしまいました。
そんな感じです…
Posted by TK at 2006年02月13日 13:54
TBありがとうございました。
YUIの曲はどこか胸にジンとくるものがありますよね。特にこの「TOKYO」は歌詞にグッときました。
声も儚げなんだけど、強くて訴えかけてくれます。
わたしも最近大好きなアーティストです。
Posted by まぁ at 2006年02月13日 17:58
こんばんは。トラックバックありがとうございました。
彼女の歌詞はほんとに胸にくるというか、彼女の声と言葉の力に圧倒されてばかりです。
何度聴いても泣いてしまいそうです。

アルバムがもうすぐ出ますが買われますか?
Posted by ひまり at 2006年02月13日 22:48
TKへ

TKにそう言ってもらえるのはかなり嬉しいです。
ありがとう(^o^)/

僕も普段はコンビニでかかる有線なんて
BGM程度なんだけど、この曲のフレーズは
鮮烈に飛び込んで来たんだよね。
高校時代、aikoの『花火』にも同じように
コンビニで衝撃を受けたのを思い出したな☆


そうそう、それとうすた京介は人を思わず
吹き出させる天才だと僕も思うよ。


Posted by どぅー at 2006年02月13日 23:27
まぁさんへ

こちらこそTB&コメントありがとうございます。

まさに同じポイントでYUIを好きなって
いらっしゃるのでとても嬉しいです!

ここまでハートを鷲掴みにされたのは
本当久しぶりでした♪


Posted by どぅー at 2006年02月13日 23:36
ひまりさんへ

こちらこそありがとうございます☆

泣けるほど感動できるものに出会えることって
おおげさではなく本当生きていく糧になりますよね。
まだまだ自分は未熟者なんですが、そうした
本物に出会えると少しでも近付きたいと励まされます。

もちろんアルバムは買います!
Posted by どぅー at 2006年02月13日 23:46
こんにちゎ★
ちょくちょく覗いてもらってるみたぃで、ぁりがとうございますo(__*)o
新木駅。。。ちょっとリアルだなぁ…と思いました!区画整理されて綺麗になりましたよね♪
隣の湖北もなんとかもう少し綺麗にならなぃかなぁ。。。と毎日思ってます(>_<)ワラ

YUI。。。なんか声が耳に残る歌手ですよね。まだまだ若いハズなのにスゴィ!!
最近、瞳ゎレミオロメンの声が耳に残ってます。『粉雪』も歌詞が綺麗で好きです。
最近、Kinkiの剛くんのソロプロジェクトENDLICHERI☆ENDLICHERIの『ソメイヨシノ』
歌詞が切ない。・゚・(*ノД`*)・゚・。
そして、この曲の誕生話に感動。・゚・(*ノД`*)・゚・。
ちょっとお薦めです。
Posted by ひとみん at 2006年02月14日 13:45
ひとみんさんへ

新木はしかも最近、駅の大幅な改装工事を
始めたんですよ。

きれいになるのはうれしいのですが、
自動改札ではない人間味のある昔ながらの
駅でなくなってしまうかと思うと少し寂しい
気もします(涙)


堂本剛の『ソメイヨシノ』の誕生秘話。
気になるので調べてみますね☆

Posted by どぅー at 2006年02月15日 09:29
僕は、ひととようが好きです。
NHK教育の「福祉ネットワーク」の主題歌を聞いてファンになったんですが...。
Posted by みみのないねこ at 2006年02月15日 13:16
こんにちゎ★
このないだはきていただいて
コメントありがとうございました☆
ほんとどぅーさんのコメントで自信もてました★
それに自分の思ってることが
客観的にどう思われてるのかっていうことも
何となくわかりました★
なんせ荒削りなので(笑)
あたしの中ではホメ言葉です☆笑
やっぱりYUI人気すごぃですねェ…
力ある人が残る世界ゃから
ゆぅもまだまだ頑張ろうと思います★
まだスタートにたったばっかりなので☆
またよかったら遊びきてくださぃね♪
ゅぅでした☆
Posted by ゅぅ at 2006年02月15日 15:46
ねこくんへ

一青窈は僕も好きだよー。
しかも、「福祉ネットワーク」で
聞いてとは渋いね!

書き込んでくれてサンキュー♪
Posted by どぅー at 2006年02月15日 18:30
ゆぅさんへ

こちらこそコメントどうもありがとう☆

自分の気持ちをありのまま素直に表現するって
なかなか出来ないんだよね。
だから僕もついつい引用に頼ることが多いのだけど、
ゆぅさんみたいに『自分なりのコトバ』で
紡いでいける人は本当にすごいと思う。

その『コトバ』が自分だけの想いでなく、ともに
今を生きる人たちの抱える声にならない想いに
共鳴させることができたら素晴らしいよね♪

そういう意味で『唄』は「創造するモノ」であり、
「コミュニケートするモノ」なんだろうな。

表現者ってものが背負うものはでかい!
だからこそ、楽しい!
そして、僕が目指す起業家像もまさにこのイメージです。


Posted by どぅー at 2006年02月15日 21:13
ぉひさしぶりです♪

そうですよねェ・・
もっともっと自分の中の言葉を増やして
広く深く表現してぃければいいなァって
思ってます★
ゅぅにとったら言葉で綴ることって習慣的なもの
なんですけどそれがみんななわけじゃないんですね。
昔ヵら手紙だったり詩だったり言葉で書くのが好きで
それが今に繋がってるのかなー☆って
思います♪

ほんとそうですょね!!
それがアーティストのすごみッ…笑
そしてゅぅの目標です^^

あぁー…なんか深いッ…
なんか勉強になります★
歌につぃて、表現する人について考えると
ゃっぱりゅぅにとっては輝いてみえます♪♪
めっちゃキラキラしててカッコイイですよね☆

どぅーさんの目指すものもこういう
イメージなんですか?
ちょっと興味ぁりますw
Posted by ゅぅ at 2006年02月23日 15:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

YUI 「TOKYO」
Excerpt: 2006年1月18日にリリースされる「TOKYO」・・・ リリース前にSSTVでPVが流れました。
Weblog: まぁの日記帳
Tracked: 2006-02-13 17:46

YUI「TOKYO」を聴いて。
Excerpt: 何気なくYUIの「TOKYO」のPV(クリップ1コーラスとコメントっていうやつ)を見た。 見てたら涙が止まらなかった。 どうしようもなく、苦しくて、切なくなった。 彼女が上京するときの歌。そ..
Weblog: ひまひま日記
Tracked: 2006-02-13 22:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。