私がめざすのは、
  日本を元気と生きがいのある社会にすること。
  そのためには、あらゆる世代の人々が自分に合った医療や治療法を
  気軽に安心して利用できることが必要です。 
  自立的な健康を手に入れ、生きがいのある仕事と充実した生活を共存させ、
  生き生きと人生を楽しんでいること。
  私はそんなネットワークを創りたい。

  それを実現するためには、『がんばらない、でも、あきらめない』ことが肝心。

  『がんばらない』とは、一生懸命にならないことではなく、
  自分の気持ちや身体からのメッセージを無視してまで
  「仕事」や「他人」を優先しすぎないこと。

  それさえ気をつけて夢をあきらめなければ、
  『本当にどんなにつらいことでも、
  それが正しい道を進む中での出来事なら、
  峠の上りも下りもみんな、
  本当の幸いに近づく一足ずつなのだ』

2006年10月16日

茜色が燃えるとき

秋の空と雲は本当に色鮮やかで、
頬をなでる風がとても心地よくて、
すべてを忘れていつまでも自転車を漕いでいたくなります。

PAP_0006.JPG

でも、茜色に染まる雲が流れてくのを見ていると
なんだかとても胸がせつなくなります。

PAP_0021.JPG

この手賀川沿いの土手が僕の癒しロードです(笑)

PAP_0019.JPG

PAP_0020.JPG

水面が夕陽に染まっていく。

地平線の彼方に消えていくその一瞬、
ほんとうに時が止まるくらいの美しさに
我を忘れてしまいます。


 今に言葉も何もなくなって 駆け出すブルースが
 夢見るだけの自分を投げ出して
 今に刹那と永久も消え去って 残されたこの身が
 望みのままに燃え上がるまで


(SCOOBIE DO『茜色が燃えるとき』より抜粋)


今日の夕焼け空にはスクービー・ドゥーの
『茜色が燃えるとき』がよく似合います。

せつない心も茜色に燃やしたらいい。
照り映える夕陽を胸に、
明日からの日々も疾走していきたいです。
posted by どぅー at 00:16| Comment(16) | TrackBack(0) | マウンテンバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わぁっ(*´∇`)
素敵な空だなぁ〜。

こういう景色を見た時ゎ言葉も出ないですよね。
ただただ、目に映る光景に見入るだけ!

Posted by ひとみん at 2006年10月16日 09:05
きれい… きれいすぎる!!!
今日は天気がとってもいいから
これから散歩に行ってきます☆
Posted by sato at 2006年10月16日 13:16
ひとみんさんへ

そうなんですよ!
まさにそんな状況でした。

こんな空が見れてとってもラッキーです☆
逆に、平日はいつも見逃してるのかと思うと、
ちょっと残念です(涙)
Posted by どぅー at 2006年10月16日 22:26
さとちんへ

最近は秋晴れが続いているよね。

降りそそぐ陽ざしは暖かくて、頬にあたる風は涼やかで。
お散歩絶対気持ちいいよー!
Posted by どぅー at 2006年10月16日 22:34
いいねぇ。
僕も夕日の茜色を漲らせて、明日への力にしていきたい。

もっと自然を感じなければ☆
Posted by かわしー at 2006年10月17日 01:13
茜雲が綺麗ですね!・・秋の空は格別ですね!・・良い写真が撮れる季節でもあります。
Posted by ごとちゃん at 2006年10月17日 12:12
かわしーへ

そうだよ〜!
かわしーも今のライフスタイルだと必然的に建物の中が多いと思うけど、
そればっかじゃほんと心がぱさぱさになっちゃう(笑)

暇を見つけて是非ぶらぶら散歩をしてみて♪
Posted by どぅー at 2006年10月17日 21:05
ごと叔父さんへ

秋の空はほんと格別です☆

光と色彩、空と雲が奏でるシンフォニーがたまりません!
Posted by どぅー at 2006年10月17日 21:13
おじゃまします。きれいな写真がたくさんですね。
今日の空にも茜色はありましたか?

日記とは関係ないんですが、四つ葉のクローバー私も好きです。
昔、犬のさんぽ中にクローバー畑で思わず四つ葉探しに夢中になり(道路沿いで…)、わんこに深いため息をC= (-。- )つかれたことがあります。
そのお陰で(?)22本の四つ葉を摘んで帰ったんですよ〜^^
Posted by ぱあやん at 2006年10月17日 23:01
ぱあやんさんへ

コメントありがとうございます!

今日の空は外に出たらもう夜空だったんですよ(涙)
また、茜色の空に出会えるのを楽しみにします。

それにしても、22本の四つ葉ってすごいですね〜☆
一つ見つかるとすっごい楽しくなってもっと集めたくなっちゃうんですよね。笑
Posted by どぅー at 2006年10月17日 23:22
「茜色に染まる雲が流れていくのを見ると切なくなる」って気持ち、よーくわかる!!私もなのー。
そして今までそんな気持ちをあまり理解してもらえなかったので、仲間が見つけられたようでなんだか嬉しいです☆
Posted by ゆま at 2006年10月18日 10:28
写真とっても綺麗!!

私も今週末は手賀沼付近を
ウロウロする予定ですっ!!

Posted by ポコ at 2006年10月18日 19:29
ゆまちゃんもそうなんだ〜☆
僕もわかってもらえて嬉しいです。

あんなに綺麗に染まる燃えるような茜色が
刻々と夜の闇にのみこまれていく様は
儚くてとてもせつない(涙)

だからこそ、その一瞬の茜色の炎を胸のうちにとどめたいんだろうね。
Posted by どぅー at 2006年10月18日 19:39
ポコさんへ

コメントありがとうございます!

僕も今週末の日曜はアビスタと手賀沼公園の周りで
赤い鼻を付けたピエロの格好でいます(笑)

あびこ子どもまつりという子どもたちのお祭りのお手伝いをするんですよ〜♪

もし見掛けたら声をかけてくださいね(o^-')bグッ
Posted by どぅー at 2006年10月18日 19:44
おおー!
手賀沼周辺も時間によっては
こんなキレイな景色になるんだねぇ。

特に1番上の写真はすごいきれい。

もうそろそろ渡り鳥が訪れる時期ですね^^
Posted by ぐっさん at 2006年10月19日 08:26
ぐっさんへ

この景色は湖北近辺の手賀川上空なんですよ♪

渡り鳥ぜひぜひ見たいです!!
来たのを確認できたら教えてくださいね(*^_^*)
Posted by どぅー at 2006年10月19日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25551530

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。