私がめざすのは、
  日本を元気と生きがいのある社会にすること。
  そのためには、あらゆる世代の人々が自分に合った医療や治療法を
  気軽に安心して利用できることが必要です。 
  自立的な健康を手に入れ、生きがいのある仕事と充実した生活を共存させ、
  生き生きと人生を楽しんでいること。
  私はそんなネットワークを創りたい。

  それを実現するためには、『がんばらない、でも、あきらめない』ことが肝心。

  『がんばらない』とは、一生懸命にならないことではなく、
  自分の気持ちや身体からのメッセージを無視してまで
  「仕事」や「他人」を優先しすぎないこと。

  それさえ気をつけて夢をあきらめなければ、
  『本当にどんなにつらいことでも、
  それが正しい道を進む中での出来事なら、
  峠の上りも下りもみんな、
  本当の幸いに近づく一足ずつなのだ』

2007年04月01日

春のワルツ

今日からいよいよ四月のはじまり。
外はぽかぽか陽気で、もう春なんですねぇ。

近くの公園まで足を伸ばせば、
桜が見事に咲き誇っています。

思わずこのブログにも桜吹雪を降らせてしまいました。笑

桜.JPG


桜の花がこんなに見事に咲くためには、
冬の寒さが必要だということを知っていましたか?

桜の芽は前年の夏に作られ、秋に休眠状態になります。
それから冬の一定期間、低気温にさらされることで、
休眠から徐々に目覚め、芽が膨らみ始めるそうです。

多くの人々を集め、出会いと別れの思い出とともに
深く記憶に刻まれる桜は、冬の厳しさをその裏に
隠しているんですね。

お花見.JPG


その一方で、誰にも目を向けられず、
野に咲く小さな花にも強く心を惹かれます。

白い花.JPG 仏の座.JPG

名も知らぬ小さな花たちも自分の活きる
小さな場所を見つけて精一杯花を咲かせています。

たしかに桜のような華々しさはないかもしれないですが、
みな同じように力強く花を咲かせています。

春は、そんな命をさりげなく香らせる季節。
そして、優しい春の風がその香りを僕の所にも運んできてくれます。


大きくても小さくても、
華やかでも健気でも、
有名でも無名でも、
強きものも弱きものも、
全ての生きとし生けるものに春は平等だ。


土筆.JPG
posted by どぅー at 20:48| Comment(16) | TrackBack(0) | あれこれ日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
桜吹雪だーー!!
風情がぁりますな(*´ω`*)
Posted by モモ at 2007年04月02日 16:23
はい!・・京都も桜が満開です。

でも我が家の庭(お祖母ちゃんが植えた、部屋の前)の桜はまだつぼみです。・*^_^*)・
Posted by ごとちゃん at 2007年04月02日 20:16
桃ちゃんへ

風情があってなかなかいいでしょ〜♪

雨とか星とか紅葉も降らせることが
できるみたいだから楽しみにしてね。
Posted by どぅー at 2007年04月02日 22:44
ごと叔父さんへ

京都の妖艶な夜桜はぜひ見に行きたいですね〜。

お祖母さんが植えて下さった
桜のつぼみも花開いてほしいです☆
Posted by どぅー at 2007年04月02日 22:49
桜舞っているね。
あれあれ?何だか積もってきたぞ?
今日は、我らの母校へ行ったらやはり桜が綺麗でした。
美しきものにも、冬があり。
小さきものにも、春が来る。
自然は、素晴らしいですなぁ!
Posted by かわしー at 2007年04月02日 23:39
キレイ(*´ェ`*)
将来、お庭に桜を植えたいです(p*′∪`q)
Posted by ゆき at 2007年04月02日 23:42
桜きれいですね〜!!今日は黄砂でしかも天気が悪いので見えにくいですが、咲いてますよ!!
春らしくなってきました。どの花も小さくたってきれいです(^ ^)
Posted by リナ at 2007年04月02日 23:50
ほんと写真とるの上手いですよねー★
ってコメントを書いていたら桜がふってきた!!
どぅー兄なかA策士ですな・・(-ω-)w
Posted by みにまむ苺 at 2007年04月03日 00:54
かわしーへ

『美しきものにも、冬があり。
小さきものにも、春がある』

正鵠を得たコメントありがとう!

母校の桜は懐かしい記憶とあいまってセンチメンタルな美しさだな(*^_^*)
本物の桜が舞い散る姿も見たいね〜♪

Posted by どぅー at 2007年04月03日 08:12
ゆきちゃんへ

自宅の庭で四季の移ろいを楽しめたら素敵だよね。

春の桜、秋の紅葉があったら、日本の情緒が存分に楽しめるな♪
Posted by どぅー at 2007年04月03日 08:17
リナさんへ

コメントありがとうございます(*^_^*)

黄砂のことニュースで見ました。
街がかすむくらいの砂の雨にはびっくりですね(>_<)
お花見の料理は大丈夫なんでしょうか?笑

春の風はいろんなものを運んで来ますね☆
でも、やっぱり花の香りや素敵な出会いをもたらしてほしいものです(o^-')b
Posted by どぅー at 2007年04月03日 08:25
苺ちゃんへ

いえいえ、みにまむ苺様ほどでは〜(^o^)/(越後屋風)笑

写真誉めてくれてありがとう!
誉めて伸びるタイプなので嬉しいです(*^_^*)
土筆(つくし)の写真がとくに可愛くてお気に入り〜♪

Posted by どぅー at 2007年04月03日 08:31
春になると、いろんな所で桜を目にします。

あぁ、あんな所やこんな所にもにも桜の木があったんだなって。

花咲く木々は目立つから遠くからでもよくわかるのね。

この国の人たちは桜が好きですよね。

私も桜が大好きです(^‐^*)でも野に咲く花も梅の花も好きです。

植物たちはみんなに優しくしてくれるから好きなんです。

花咲くだけで、緑があるだけで心が和らぐことがあります。

これから新緑の季節も楽しみですね^^
Posted by ぱあやん at 2007年04月03日 22:01
ぱあやんさんへ

たしかにそうですね〜。
僕も先週末に自転車でてくてく地元を走ってたら、
ほとんどの公園と学校に桜がありました。
桜はもはや日本人のDNAのレベルでその美しさが刻まれていますよね。

それに、これからの季節は、ぱあやんさんの仰るように
新緑がますます萌えいずるシーズン。
4月末には田植えが始まって一面に緑の絨毯が敷き詰められます。

今から楽しみだな〜♪
Posted by どぅー at 2007年04月03日 23:21
はじめまして。
足跡をたどって、こちらへ伺いました。

桜の美しい季節ですね。
先日、東京では春の嵐が花を散らしていましたが、
自然は、容赦なく全てのものに平等に
その力を発揮するのだと…しみじみ思いました。
翌日嵐に耐えた桜を見ながら…
花は散らなければ実を結ぶことは無い。
自然は厳しいようで、実はとても優しいのかも…
と、ふと思いました。

どうぞ良い春をお過ごしください^^

追伸:写真の白い花は花ニラです。イフェイオンとも呼ばれています。
Posted by yun at 2007年04月06日 16:04
yunさんへ

コメントありがとうございます☆

僕は桜には、嵐で吹き散るより、やはり、はらはらと舞い散るように
降りてほしいなと思ってしまいますが、厳しい自然は
人の意図など考慮してくれないこともありますよね。

でも、その厳しさが巡り巡って樹に恵みをもたらす。
人もその豊かな循環の営みから多くを学べるんだと感じます。

それと、あの白く可憐な花は、ニラの仲間の「花ニラ」と言うんですね。
これは覚えました♪

ありがとうございます(*^_^*)
Posted by どぅー at 2007年04月06日 20:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37480988

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。