私がめざすのは、
  日本を元気と生きがいのある社会にすること。
  そのためには、あらゆる世代の人々が自分に合った医療や治療法を
  気軽に安心して利用できることが必要です。 
  自立的な健康を手に入れ、生きがいのある仕事と充実した生活を共存させ、
  生き生きと人生を楽しんでいること。
  私はそんなネットワークを創りたい。

  それを実現するためには、『がんばらない、でも、あきらめない』ことが肝心。

  『がんばらない』とは、一生懸命にならないことではなく、
  自分の気持ちや身体からのメッセージを無視してまで
  「仕事」や「他人」を優先しすぎないこと。

  それさえ気をつけて夢をあきらめなければ、
  『本当にどんなにつらいことでも、
  それが正しい道を進む中での出来事なら、
  峠の上りも下りもみんな、
  本当の幸いに近づく一足ずつなのだ』

2007年04月23日

かつての自分から3つのメッセージ(4)

3.生きてく姿勢みたいなものについて

僕は村上春樹という作家の小説が大好きで、また彼の考え方、
生き方というものにとても感銘を受けたんだ。

たとえば、彼の小説『ダンス・ダンス・ダンス』の中で主人公はこう言っている。



 「僕はとても不完全な人間なんだ。
 不完全だし、しょっちゅう失敗する。
 でも学ぶ。二度と同じ間違いはしないように決心する。
 それでも二度同じ間違いをすることは少なからずある。
 どうしてだろう?簡単だ。何故なら僕が馬鹿で不完全だからだ。
 そういう時に少し自己嫌悪になる。それでも向上は向上だ」



彼の言う通り僕もいつも失敗ばかりする。
くだらないことですぐに傷ついたり、
逆に自分の無神経から相手を傷つけたりもする。
どうしてだろう?簡単だ。何故なら僕も馬鹿で不完全だからだ。

人間というのは本当に不完全な生き物だ。
そんな不完全な人間が作った制度や技術にも、
絶対や完璧なんて存在しないんじゃないかな。

だから僕たちはいつも謙虚になって考えなくちゃいけない。
臓器移植、クローン技術、遺伝子操作、資源、食糧、
人口、人種、外交といった様々な社会問題。
僕たち日本人が、そして人類が考えるべき問題は数多く存在する。

こういったまだ答えの出ていない、あるいは答えのない問題を
考えることこそ本来の意味での学問じゃないかな。

少し偉そうになっちゃったけど、要するに言いたいのは
毎日ただなんとなく過ごすんじゃなくて、
たまにでもいいから少しそういうことについても
真剣に考えてみる必要があるんじゃないかなということ。

だって、今の社会のあり方を考えるということは
その中で日々暮らしている自分自身を見つめ直すことに
必ず通じているはずだから。

うん。

つーことで、めちゃくちゃ長くなったけど、
ここまで読んでくれてどうもありがとう。

それでは、最後にローマの最後の五賢帝
マルクス=アウレリウス=アントニヌスの言葉
を贈って終わります。

では、頑張れ成高生!


『他人の魂の中に何が起こっているか気をつけないからといって、
 そのため不幸になる人はそうたやすく見られるものではない。
 しかし自分自身の魂のうごきを注意深く見守っていない人は不幸になる』


 (岩波書店『自省録』より引用)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 自分からのメッセージ(1)
      ↓
 自分からのメッセージ(2)
      ↓
 自分からのメッセージ(3)
      ↓
 自分からのメッセージ(4) ←今はこのページです


posted by どぅー at 23:50| Comment(12) | TrackBack(0) | あれこれ日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高校のときにこんな先輩がいたら、人生変わってたかもしれない(><)!
でも、今のほうがより響くから意味のあることなのかなぁ。。
不完全だけど、自分に真剣でありたいです☆
素敵なシェアありがとうございます^^b
Posted by みにまむ苺 at 2007年04月24日 16:52
僕は今年、教育実習に行くのですが、
ぜひ生徒に読ませたい文章ですわ。
許可いただけますでしょうか。汗
Posted by nagi at 2007年04月25日 01:47
苺ちゃんへ

こんなに長いのを読んでくれてありがとう(*^_^*)
響くってことは苺ちゃんの中にも同じような要素を持っているのかも。

嬉しいと同時にちょっと心配です。
ほんと真剣でありたいけど、深刻になっちゃいけないね☆
Posted by どぅー at 2007年04月25日 08:01
なぎへ

なぎは今年に行くんだ〜。
今から楽しみだね☆

生徒さんたちに読んでもらうなんて恐縮してしまうけど、
僕は全然オッケイです(o^-')b
Posted by どぅー at 2007年04月25日 08:03
何年か前の自分の言葉を振り返るの大事ですね!・・でも、ガムシャラに進む事も必要な時も必要です。
Posted by ごとちゃん at 2007年04月25日 12:02
ごと叔父さんへ

走ることも生きることも加減さえ
分かっていれば楽しいはずなんですよね。

“一生懸命やること”と“無理をすること”、
その自分なりの違いを素直に感じ取っていきたいです。
Posted by どぅー at 2007年04月26日 07:39
私は今高校2年生なんで、とりあえずこの文章を読めて幸せです。本当に。
不完全なんですよね。それをどこまで向上させることができるのか、自分はどこまで行けるのか。一生懸命、誠実に。まずは自分を知ることができなきゃ!!私はまだまだ自分のことすら分かっていないのかもしれません。

不完全でも馬鹿でもまだまだこれからです!!
Posted by リナ at 2007年04月27日 00:42
リナさんへ

そう言って頂けると嬉しいです。

自分が進んでいる先はいったいどこなのか?
ときに迷ったりもするけど、それでも
みんなと同じ方向とは限らないんだと思います。

自分を知ることにも完全なんてありえないけど、自分が進む
大まかな方向性はしっかりつかんでおきたいな。

お互い真剣に、でも、深刻にならずに行こう!
Posted by どぅー at 2007年04月27日 07:42
人間は皆不完全。自分も例に漏れず・・・
だから、上手くやる事はもちろん、他人の魂に何が起こっているか見落とすなんてしょっちゅうです。
そんな時は、自己嫌悪になりながらも足を止めて考える。
少なくとも、自分の魂には何が起こっていたか。
それを繰り返して、だんだんキャパシティを広げて行きたいなと思います。
完全になるんじゃなく、人間らしくあるために☆
そういう点で、過去の自分を振り返る事も時には必要ですね^^
Posted by ダイ at 2007年04月30日 23:41
どぅーのエキスが出ているなぁ。
こんな熱い合格体験記を、当時書いていたんだね。
最後に「自省録」で結んでいるところがすごい。
自分から目を背けてはいけないな☆
Posted by かわしー at 2007年05月01日 00:36
ダイさんへ

ダイさんの優しい言葉が暖かく胸に沁みます。

ときに自分のキャパのなさにつくづくうんざりしちゃうことがあります。
そんなときは夕焼けや月を見上げて慰められたりしてます。

へこみと立ち直りを繰り返して一歩一歩
自分らしく進んでいけるようにしたいです☆
Posted by どぅー at 2007年05月01日 22:01
かわしーへ

たはは。どぅー汁が出ちゃってたか。笑

なんだか照れくさいけど、
こんなこと書いてたみたい。

「自省録」とラ・ロシュフコーの『箴言集』は
高校時代の枕頭の書で内面はかなりひねた高校生だったよ。
Posted by どぅー at 2007年05月01日 22:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39838773

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。