私がめざすのは、
  日本を元気と生きがいのある社会にすること。
  そのためには、あらゆる世代の人々が自分に合った医療や治療法を
  気軽に安心して利用できることが必要です。 
  自立的な健康を手に入れ、生きがいのある仕事と充実した生活を共存させ、
  生き生きと人生を楽しんでいること。
  私はそんなネットワークを創りたい。

  それを実現するためには、『がんばらない、でも、あきらめない』ことが肝心。

  『がんばらない』とは、一生懸命にならないことではなく、
  自分の気持ちや身体からのメッセージを無視してまで
  「仕事」や「他人」を優先しすぎないこと。

  それさえ気をつけて夢をあきらめなければ、
  『本当にどんなにつらいことでも、
  それが正しい道を進む中での出来事なら、
  峠の上りも下りもみんな、
  本当の幸いに近づく一足ずつなのだ』

2007年05月30日

新しい自分に出会うには


何十年とかかる大聖堂を建てるために働くレンガ職人は
ある日牧師さまにその働きぶりをほめられました。

朝の礼拝でも牧師さまはそのことを話し、
彼は街のみんなから注目を集めるようになりました。
町長から表彰され、勲章も貰いました。

職人の周りでいろんなことがうまく回りだし、
にぎやかになる毎日。

どんどん幸せになると思いワクワクしていた職人。
だけど、それはだんだんドキドキに変わっていきました。
楽しみのドキドキではなく、緊張のドキドキ、
やがて、それは心臓のバクバクに変わり、
一日中職人を追い詰めるようになりました。

あんなに楽しかった大聖堂の仕事も、
つねに頑張らなくちゃいけない、周りの期待に応えなくちゃ、
絶対失敗しちゃいけないって、そればかりが気になって…。

ついに職人は心の調子を崩し、
家から出られなくなってしまいました。



続きを読む
posted by どぅー at 00:22| Comment(12) | TrackBack(0) | あれこれ日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

何のために働くのか


 工事中の建物の前を通りかかった通行人が
 「あなたは何をしているのですか」と尋ねると、

 一番目の職人は汚れて汗まみれで、仏頂面をして
 「レンガを積んでいるでさあ」
 と答えました。

 二番目の職人も汗まみれで、同じように仏頂面をして
 「時給2ドルで働いているんでさあ」
 と答えました。

 三番目の職人も、やはり汚れて汗まみれでしたが、
 希望に燃えたいきいきした表情をしていました。
 一生懸命働いている点は他の二人と同じなのに、
 この人は仕事を楽々と片づけているように見えました。
 
 すると彼は、
 「大聖堂を立てているんでさあ」 
 と答えたそうです。



続きを読む
posted by どぅー at 22:58| Comment(14) | TrackBack(0) | あれこれ日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

サン=テグジュペリの星の王子さま展

昨日、訪れた松屋銀座の『サン=テグジュペリの星の王子さま展』
あらためて『星の王子さま』の良さを思い起こさせてくれました。

星の王子さま展.JPG

おとなにもこどもにもすべての人に伝わる真に優れた作品というのは
自分の内面と向き合えるような寓話であると僕は思います。


続きを読む
posted by どぅー at 17:28| Comment(24) | TrackBack(1) | あれこれ日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

ブリキのどぅーに銀ブラは無理なのか?

連休も残りわずかになった今日このごろ皆さんいかがお過ごしですか?

芝生でまったり友人たちと.JPG

昨日は小学校時代の友人たちと午前中、地元の市民体育館でバスケをしてきました。
大盛りの昼食を食べた後、午後は近くの広い公園でまったりシャボン玉を飛ばしたり、
母校の小学校に行ってぐだぐだとサッカーをして楽しみました。


続きを読む
posted by どぅー at 21:44| Comment(16) | TrackBack(0) | あれこれ日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

かつての自分から3つのメッセージ(4)

3.生きてく姿勢みたいなものについて

僕は村上春樹という作家の小説が大好きで、また彼の考え方、
生き方というものにとても感銘を受けたんだ。

たとえば、彼の小説『ダンス・ダンス・ダンス』の中で主人公はこう言っている。



 「僕はとても不完全な人間なんだ。
 不完全だし、しょっちゅう失敗する。
 でも学ぶ。二度と同じ間違いはしないように決心する。
 それでも二度同じ間違いをすることは少なからずある。
 どうしてだろう?簡単だ。何故なら僕が馬鹿で不完全だからだ。
 そういう時に少し自己嫌悪になる。それでも向上は向上だ」



続きを読む
posted by どぅー at 23:50| Comment(12) | TrackBack(0) | あれこれ日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かつての自分から3つのメッセージ(3)

2.英語の勉強について、あるいは限定要因説

たしか中3のときかな、生物の戸村先生に光合成について教わったんだ。
ほら、植物が水とCO2から太陽の光エネルギーを
媒介に酸素とブドウ糖を作り出す反応。

そのとき、先生は光合成速度を決定する温度やCO2濃度、
光の強さといった環境要因のそれぞれを一枚の板に、
そして光合成量を各々の板に組み合わせて出来た
樽の中に入る水の量にたとえたんだ。
板の長さは各々の環境要因が光合成をするのに
最適な状況に近づくほど長く伸びていく。

そして、光合成の速度というのは、
ある最小の要因(限定要因)によって制限される
というのが限定要因説。


続きを読む
posted by どぅー at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かつての自分から3つのメッセージ(2)

1.まず勉強に対する姿勢として

これまでにみんな勉強といえば、学校や塾の先生から
受動的に教わるのがほとんどだったと思う。
確かに、これはその教科の大枠を知る上では
とても重要なことで必要不可欠だよ。

でも、いつまでもその受け身な姿勢を変えないなら、
その人の学力は必ず一定以上伸びない。
自己を鍛錬しなくては上達しない。
つまり、大切なのは予習・復習・自習など
周りの人の目が届かないところで主体的にやることだと思う。

これはいくらやっても誰も誉めてくれないし、辛くてつまんないものだよ。



続きを読む
posted by どぅー at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かつての自分から3つのメッセージ(1)

昨日・今日とPCのデータ整理をしていて懐かしい文章に出会いました。
それは、僕が19歳のとき、大学に入りたての5月に
高校の後輩に向けて書いた「合格体験記」です。

そこにはある時期、精神的に自分を
追い詰めてしまった傾向が含まれていました。
それと同時に、自分をもう一度立ち上がらせてくれた要素と
今も変わらない方向性もたしかに存在していました。

過去の自分と今の自分を比べることは、
他人と自分を比べるくらい無意味なことです。

けれど、人は自分自身をつねに「かつて何であり」、
またこれから先「何でありうるか」という仕方で
問題にしながら生きる存在だと思います。

すべては自分の中にある。
変わったこと、変わらないこと、どちらも大事。
それを、あらためて実感させてくれた文章。
かなり長文になるんですが、強く心に刻むため
全文をいくつかに分けて掲載しておきたいと思います。


続きを読む
posted by どぅー at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

腹ペコ様?べつ腹様?

ペコ様
美味しいお弁当とおそうざい、ご用意致しております。

べつ
笑顔になる季節のスウィーツ、ご用意致しております。




仕事終わり、今日の僕。
いったい、どちら様だろう?

腹ペコ様.JPG  べつ腹様.JPG


続きを読む
posted by どぅー at 23:31| Comment(12) | TrackBack(0) | あれこれ日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

春のワルツ

今日からいよいよ四月のはじまり。
外はぽかぽか陽気で、もう春なんですねぇ。

近くの公園まで足を伸ばせば、
桜が見事に咲き誇っています。

思わずこのブログにも桜吹雪を降らせてしまいました。笑

桜.JPG


続きを読む
posted by どぅー at 20:48| Comment(16) | TrackBack(0) | あれこれ日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。