私がめざすのは、
  日本を元気と生きがいのある社会にすること。
  そのためには、あらゆる世代の人々が自分に合った医療や治療法を
  気軽に安心して利用できることが必要です。 
  自立的な健康を手に入れ、生きがいのある仕事と充実した生活を共存させ、
  生き生きと人生を楽しんでいること。
  私はそんなネットワークを創りたい。

  それを実現するためには、『がんばらない、でも、あきらめない』ことが肝心。

  『がんばらない』とは、一生懸命にならないことではなく、
  自分の気持ちや身体からのメッセージを無視してまで
  「仕事」や「他人」を優先しすぎないこと。

  それさえ気をつけて夢をあきらめなければ、
  『本当にどんなにつらいことでも、
  それが正しい道を進む中での出来事なら、
  峠の上りも下りもみんな、
  本当の幸いに近づく一足ずつなのだ』

2006年01月19日

ワーク&ライフバランスの本質(3)

最後におまけとして、今回まとめたことを質問項目にした

【個人と社会の関係から考えたワーク&ライフバランスチェック】

を作ってみました。


続きを読む
posted by どぅー at 14:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ワーク&ライフバランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワーク&ライフバランスの本質(2)

厚生労働省の調査によると、大卒者が3年以内に離職する割合は36.5%
(出典:厚生労働省「新規学校卒業就職者の就職離職状況調査」)に上っています。
さらに、近年では入社後1年未満で離職する人も増加する傾向にあります。

「キャリアアップを図りたい」「収入アップを求めて」など理由はさまざまですが、
ここは私の居るべき場所じゃない」という感覚や
ここはほんとうの私を活かす場所じゃない」という意識が
密接に関わるとともに、個人と社会との関係やワーク&ライフバランスに対する考えも
大きく影響していると思います。

それでは、個人と社会との関係とワーク&ライフバランスは、どのように
関わりあっているのでしょうか?

まずその前提として、菅野仁があげた人と人とのつながりからなる
社会が成立するときの三つの基本的条件を見てみます。


続きを読む
posted by どぅー at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ワーク&ライフバランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワーク&ライフバランスの本質(1)

私がめざすのは、
『自立的な健康を手に入れ、
生きがいのある仕事と充実した私生活を共存させ、
生き生きと人生を楽しむ』

ことです。

このとき、『ワーク&ライフバランス』という考えが、
極めて重要なキーワードになってくると思います。

個々人が仕事と私生活のバランスを考慮し、
両方がWIN-WINな関係になるようにすることは
あらゆる人に共通する普遍的なテーマです。

それでは、どうしたら生きがいのある仕事と
充実した私生活を共存させ、WIN-WINの関係に
できるんでしょうか?

続きを読む
posted by どぅー at 12:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ワーク&ライフバランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。