私がめざすのは、
  日本を元気と生きがいのある社会にすること。
  そのためには、あらゆる世代の人々が自分に合った医療や治療法を
  気軽に安心して利用できることが必要です。 
  自立的な健康を手に入れ、生きがいのある仕事と充実した生活を共存させ、
  生き生きと人生を楽しんでいること。
  私はそんなネットワークを創りたい。

  それを実現するためには、『がんばらない、でも、あきらめない』ことが肝心。

  『がんばらない』とは、一生懸命にならないことではなく、
  自分の気持ちや身体からのメッセージを無視してまで
  「仕事」や「他人」を優先しすぎないこと。

  それさえ気をつけて夢をあきらめなければ、
  『本当にどんなにつらいことでも、
  それが正しい道を進む中での出来事なら、
  峠の上りも下りもみんな、
  本当の幸いに近づく一足ずつなのだ』

2006年10月22日

あびこ子どもまつりとケアリングクラウン

今日は地元我孫子のあびこ子どもまつりにふさぴえろのみんなと一緒に参加し、
ケアリングクラウンを行ってきました。
なんと1000人以上もの子どもたちやお母さん・お父さんが来てくれました。

ふさぴ5.JPG


続きを読む
posted by どぅー at 22:42| Comment(20) | TrackBack(0) | ケアリングクラウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

茜色が燃えるとき

秋の空と雲は本当に色鮮やかで、
頬をなでる風がとても心地よくて、
すべてを忘れていつまでも自転車を漕いでいたくなります。

PAP_0006.JPG

続きを読む
posted by どぅー at 00:16| Comment(16) | TrackBack(0) | マウンテンバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

風をあつめて

昨日と今日はまた自転車に乗って
たっぷりと風をあつめてきました。

TS330403.JPG

続きを読む
posted by どぅー at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | マウンテンバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

鉄板少女ゆかり!!

今日は会社の先輩と一緒に秋葉原の
ゆかり」というお好み焼き屋に行ってきました。

TS330370.JPG


続きを読む
posted by どぅー at 23:52| Comment(4) | TrackBack(0) | あれこれ日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

彼女と食事♪

昨日は仕事帰りに大学の友人とその彼女さんと三人で食事に行きました(笑)

ももんじゃ.JPG

続きを読む
posted by どぅー at 22:34| Comment(20) | TrackBack(0) | あれこれ日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

秋刀魚

今日は突き抜けるような青い空にぷかぷか浮かぶ雲で
ほんと気持ちのいい秋晴れでしたね。

そんな素敵な日に友達の赤ちゃんと遊んできました。

TS330301.JPG


続きを読む
posted by どぅー at 00:58| Comment(10) | TrackBack(0) | あれこれ日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

マザー・テレサの瞳

ある女性がインドを訪ねて、マザー・テレサの仕事を見学したとき、
彼女は思わず呟きました。
「百万ポンドをやると言われても、私にはできません。」

すると、マザーは打てば響くように答えたといいます。
「私にもできません。」

マザーテレサ.jpg

続きを読む
posted by どぅー at 00:24| Comment(12) | TrackBack(2) | 心に響く言の葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

ゆれる

昨日は小学校の友人たちとビビリ橋に行ってきました。

       TS330262.JPG


続きを読む
posted by どぅー at 23:31| Comment(12) | TrackBack(0) | あれこれ日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

宇宙のみなしご

森絵都。
最近、彼女の作品にはまっています。

「永遠の出口」からはじまって「つきのふね」「DIVE!」「リズム」
「宇宙のみなしご」と9月に入ってから5作品を読破してしまいました。

彼女は、子どもの心にやさしく寄り添い、揺れ動く心、
不安定な気持ちをあざやかに描き出す作家です。

その中でも一番最近に読んだ「宇宙のみなしご」という作品はお気に入りです。


続きを読む
posted by どぅー at 00:54| Comment(10) | TrackBack(1) | 本よみの虫干し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

愛がなければ世界は存在しない

「あなたは愛する人をなくした事がある?」

「何度かね」

「それで今はひとりぼっちなのね?」

「そうでもないさ」

「この世界では誰もひとりぼっちになる事なんて出来ない。
 みんなどこかで少しずつ繋がってるんだ」

「でも愛というものがなければ、世界は存在しないのと同じよ。
 愛がなければ、そんな世界は窓の外を通りすぎていく風と同じよ。
 手を触れることも出来なければ、匂いをかぐこともできないのよ」


(村上春樹「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」より抜粋)


続きを読む
posted by どぅー at 00:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 心に響く言の葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

稲穂と白鳥と秋空と

8月の最初にはあんなに青々と茂っていた稲が
今ではその穂を黄金色に輝かせています。

早いものでうちの近くの田んぼではもう収穫期です。

TS330186.JPG  TS330225.JPG



続きを読む
posted by どぅー at 18:13| Comment(12) | TrackBack(0) | あれこれ日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

布佐南公園

              僕が住む町には公園があります。

              TS330170.JPG

        あなたが住んでる町にも心やすらぐ公園はありますか?

TS330128.JPG  TS330129.JPG  TS330165.JPG


続きを読む
posted by どぅー at 03:44| Comment(13) | TrackBack(1) | あれこれ日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

あなたが自分のままでいられる人

昨日は中学からの友人の誕生日で、
自宅で夕方から祝い酒を飲んでいました。

           TS330159.JPG

このお酒、青森の名酒で『田酒』といい、
その芳醇な甘みとまろやかさは料理との相性が抜群です。
なんと二人でこの一升瓶まるごと呑みきってしまいました。

中学時代、この友人の自宅で毎日のように行っていた三国志のゲーム。
高校時代、同じ部活で野々山を駆け回った日々。
今でも続いている間柄は気取らず自分のままでいられる貴重な存在。

こいつと出会ってはじめて人を信頼することができた気がします。
あなたにはあなたが自分のままでいられる人がいるでしょうか?
そうした大切な存在を思い起こさせるこんのひとみさんの素敵な詩があります。


続きを読む
posted by どぅー at 22:30| Comment(12) | TrackBack(0) | 心に響く言の葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

脱!週末じぃちゃん。

はじめました!早朝マラソン。

TS330143.JPG  TS330145.JPG  TS330148.JPG


続きを読む
posted by どぅー at 22:06| Comment(10) | TrackBack(0) | あれこれ日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

苦しみの日々 哀しみの日々

日々の仕事の中でやはり浮かんでくる疑問があります。
なぜ自分は働くのか?
働くことの意味は人それぞれだと思います。

仕事をして良い結果を出して、たくさんお金をもらったり、
人に誉められたりして、良い気持ちになりたい。

でも、そんな喜びはほんの一瞬で、仕事をすることは、
その大部分がつらいものです。
そのつらさは、毎日同じようなことを繰り返し続けなければならないとか、
やりたくもないことをやらないといけないとか、さまざま。
でも本当に一番つらいのは、仕事をすると、
自分の弱さや無力さがいやおうもなく自分自身につきつけられることです。

仕事がうまくいかないときなど、たまたま運が悪かったとか、
状況や環境がよくなくて不利だったのだと思いたくもなります。
しかし、冷静に考えてみると、そこにあるのは、
うまくいかなかった理由としての、自分のチカラのなさという現実です。

けれど、それは考え方の発想自体が逆なんです。
自分がいかにダメなのかに直面するチャンスが一番あることこそが
働くことの意味。
そしてそこにしか、自分が成長していくチャンスはないだろう、
とも思います。

弱さを本当に自覚した人間だけが強くなれる。
そこに苦しみや哀しみの日々の意味がある。

そうしたことを茨木さんの詩『苦しみの日々 哀しみの日々』は
語りかけてきます。

続きを読む
posted by どぅー at 23:32| Comment(10) | TrackBack(0) | 心に響く言の葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

さわたりさん☆行ってらっしゃい会

今日は楽しい日でした♪

IMG_0045.JPG

続きを読む
posted by どぅー at 02:03| Comment(9) | TrackBack(0) | あれこれ日々思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

TRAIN-TRAIN(5)〜弱さからの出発〜

弱さから出発すること。けれどその弱さのままに固着していたのでは、
自分なりの「幸福のデザイン」を描くことは難しい。
ほんとにまいっているときは、弱さを弱さのまま認めるような
「丸ごとの承認」のような態度が必要です。
でも、ちょっと元気が出てきたら、他者とのつながりの現場や社会との関わりのある場所へ、
少しだけ足を踏み出してみることも大切です。

そのとき、『朝のできごと』の詩の中でお婆さんが少女の熊のぬいぐるみにとった
童心道化性といった<構え>、つまりコミュニケーションのスタイルが有効なのでは
と思います。

続きを読む
posted by どぅー at 01:28| Comment(4) | TrackBack(0) | TRAIN-TRAIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TRAIN-TRAIN(4)〜電車をめぐる二つの詩U〜

よく今の若い人たちは精神的に脆く、弱いといわれたりします。
先にあげた『夕焼け』の詩の少女の「やさしさ」とは、「弱さ」なんでしょうか。

逆に、昔の人たちの自我は「強かった」なんてこともよく聞きます。
でも、単なる「強さ」「弱さ」という言い方だけではうまく捉えられない側面もあると思います。

そうしたところを社会学者の菅野仁は、著作の中でうまく汲み取っています。


続きを読む
posted by どぅー at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | TRAIN-TRAIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TRAIN-TRAIN(3)〜電車をめぐる二つの詩T〜

僕自身を含め、現代の若者世代に特徴的な<傷つきやすさ>とは、
他者との関係において期待外れや誤解が生じた場合に
いいようもなく打ちひしがれてしまう<弱さ>のことではないでしょうか。

一方で、自分なりに納得のいく生き方を探ろうとするとき、
自分一人の力だけに頼ろうとすれば、どうしても行き詰ってしまう。
周りの人と気持ちが通じたり、自分の考えや行動が他の人に
認めてもらったりすることによって、僕たちの「生」が、
限りない広がりと深さを持つようになると思います。

そのような<他者との距離感覚>において
重要なことは何なのでしょうか?

自分の居場所を見つけ心地よい<つながり>を作れる
ヒントみたいなものはないのでしょうか?

僕は電車をめぐる二つの詩からそのヒントを得られた気がします。


続きを読む
posted by どぅー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TRAIN-TRAIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

TRAIN-TRAIN(2)〜関係のあり方〜

広井良典はその著書『持続可能な福祉社会』において
日本人の人と人との間の「関係」のあり方の身近な例として
以下のような特性をあげています。

1)見知らぬ他者同士がちょっとしたことで声をかけあったりコミュニケーションをとることが、日本社会ではほとんど見られないこと
2)「あいさつ」や感謝等の言葉が非常に使いづらかったり未成熟だったりすること
3)見知らぬ他者同士のあいだで、互いに道や順番などを「ゆずり合う」といったことが稀であること
4)同じマンション等の住人の間ですら、あいさつをかわしたりしないことが一般的になっていること
5)駅や街頭などで身体や荷物などをぶつけあったりしても互いに何も言わないことが珍しくないこと



続きを読む
posted by どぅー at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | TRAIN-TRAIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。